ピアノ演奏|本番の緊張・あがり症記事一覧

人前でピアノを弾く限り、もれなくついてくる

本番の緊張

適度な緊張はパフォーマンスに必要ですが、行き過ぎると演奏に支障をきたします。すなわち、

あがり症

です。

根性論で頑張るのは愚か、
性格だと諦めるのは虚しい・・・

知っていれば対処できること
トレーニングすれば
出来るようになることetcを
まとめました。

そこにピアノがあり、
素晴らしい作品があり、
だから、弾かずにはいられない人へ。。。

♪この記事を書いた人
Yoko Ina

音楽&ピアノ、自然、読書とお茶時間をこよなく愛しています

Follow me !

なぜ緊張するのか

【なぜあがるのか】本番での緊張について知ろう
ピアノを弾いていて 何が悲しいって、 本番で思うように弾けないことほど悲しいことはありません。 あんなに練習したのに、 手が震えて思うように弾けなかった・・・ 頭が真っ白になって、 何を弾いているのかわからなくなった・・・ その惨めさは例え...
【本番の緊張はどこから来るのか】緊張を生む感情の正体を知ろう
緊張するとドキドキしたり、手が震えたりするのは、 交感神経 > 副交感神経 となってノルアドレナリン大量分泌されるからです。 なぜ緊張するのかと言ったら、人間は不安や恐怖を感じると闘争・逃走本能によってノルアドレンリンが分泌されるように出来...

あがり症改善|特効薬はないけれど改善策はある

ピアノ演奏本番の緊張|あがり症改善はコンディションから
緊張で手が震えて本番がボロボロだった あんなに練習したのに弾けなかった・・・ 自己嫌悪で消えたくなります。 なぜ私の指は震えるのだろう どうしたら震えなくなるのだろう 震えても弾けるようにするにはどうしたらいいのだろう・・・ 私はとても悩み...
あがり症改善のマインド|ピアノ演奏の心得
本番は緊張するものです。 しかし、緊張のあまり激しく手が震えると演奏が破綻してしまいます。 あがり症というと、すぐにメンタルが弱いという話題になりますが、私はそもそも性質としてあがりやすい人がいると思っています。 あがり症のためのマインドを...
本番の緊張で手が震える人のためのピアノ練習・実践編
本番は緊張するものですが、緊張によって激しく手が震えると演奏が破綻してしまいます。 あがり症はメンタルや根性の問題ではありません。あがりやすい性質の人は確かにいます。 もしも、自分があがりやすい性質だと自覚があり、それでも人前で演奏したいな...
あがり症対策・故障予防・練習効果アップ|ピアノ弾きの悩みに瞑想のすすめ
ピアノ弾きの悩みは、結局この3つに集約されるのではないでしょうか。 本番の緊張に負けずいい演奏をしたい 譜読み・練習・暗譜の効率を上げたい 痛みや故障と無縁の快適なピアノライフをエンジョイしたい これら全ての改善の鍵として極めて効果的で、か...

暗譜|本番の不安・恐怖の原因第1位

頭が真っ白!暗譜が飛ぶ!本番のリスクを軽減する暗譜の心得
本番は緊張するものです。 適度な緊張は演奏に必要ですが、行き過ぎると演奏が破綻してしまします。 本番の緊張によってしばしば起こる事件が 頭が真っ白になり、暗譜が飛ぶ そして暗譜が飛ぶのではないかという不安や恐怖がますます緊張に拍車をかけます...

発表会に出たくない人へ

本番でボロボロ!なぜピアノ発表会が公開処刑になるのか
5年ぶりのステージ演奏を終えた生徒さんのご感想で、オンラインレッスンの受講を決めた理由のひとつに オンラインレッスンなら発表会はないだろう、できないよね というのがあることを知って驚いたのですが ピアノの発表会について 地獄の〇分間 とか ...
タイトルとURLをコピーしました