コラム

ピアノという楽器

ペダルの基本|ペダルはオン・オフのスイッチではない

ピアノ演奏の魅力はペダルにあると言っても過言ではありません。 駆け抜けるような速いパッセージも、色彩豊かな和音も・・・ペダルあればこそ! そのような効果は「踏む・踏まない」の二択からは生まれません。 ピアノのペダルの中で最もよく使う右のペ...
マインド

ピアノを上手くなるためにはどうしたらいいのだろう

ピアノを弾く人はみんな、 上手くなりたい! と思っているでしょう。 ”上手くなる”をひと言で要約するなら、 音で豊かな世界や物語を 思い通りに自由に表現すること ですが・・・ では、上手くなるためにはどうしたらいいのか、 考...
マインド

ピアノが上手くなるってどういうことだろう

毎日ピアノの練習に勤しむあなた、 いつも、こう思っていることでしょう。 もっと上手くなりたい! 私ももちろん、上手くなりたいと思っています。 ところで・・・ 上手くなるってどういうことなのでしょう? あらためて聞かれると答えに...
マインド

「毎晩寝る前によかったことを3つ書く」を1週間継続したら人生の真理に近づいた

2020年11月11日「ポッキーの日」が残り2時間を切る頃、こんなつぶやきを見つけました。 ペンシルベニア大学の心理学者マーティン・セリグマン教授は、「毎晩寝る前に、よかったことを3つ書く」ことを1週間継続するだけで、その後...
ア・ラ・カルト

「ショパンー200年の肖像」展を観てきました

待ちに待った「ショパン=200年の肖像」展に行って来ました! 日本とポーランドの国交樹立100周年を迎えた2019年10月に兵庫県立美術館で始まり、福岡を経由して4/26から東京・練馬区立美術館で開催される予定でしたが、新型コロナウイ...
演奏会を聴いて

ショパンの演奏ってこんな感じだったのかも|ババヤン ピアノリサイタル

素晴らしい演奏を聴かせてくれるのに、なぜか日本では知られていない人、かなりいます。 そのひとりセルゲイ・ババヤンを武蔵野市民文化会館で聴きました。 プログラムはオール・ショパン。 ショパン自身が弾いているような錯覚に陥るミラクルな...
受講・聴講レポ

脳と身体から見た最適なピアノ練習法|第38回横浜市招待国際ピアノ演奏会特別レクチャー

2019年11月4日、秋晴れの横浜・・・ 横浜市招待国際ピアノ演奏会特別レクチャーで古屋晋一先生の『脳と身体から見た最適なピアノ練習法』を聴講しました。 ”練習”のあり方について大いに考えさせられる内容はピアノ弾き必読です! 練習による...
演奏会を聴いて

ピアノとダンスしているみたいだった|アレクセイ・リュビモフ ピアノリサイタル

来年2020年に引退を表明しているアレクセイ・リュビモフですが、実はライブを聴くのは初めてです。 プログラムはオール・モーツァルト。 ・・・モーツァルトには、昔々、散々怒られまくり、手を叩かれることも日常だったレッスンの悪夢が私の中...
受講・聴講レポ

【ピアノ弾き4カ条】斎藤雅広先生公開レッスンを聴講しました

2019年9月16日、とある〈ピアノの会〉の特別企画として開催された斎藤雅広先生の公開レッスンを聴講しました。 かつて「芸大のホロヴィッツ」と呼ばれた斎藤先生も還暦過ぎて・・・ マエストロの風格と生来のユニークなキャラをたたえて、ラ...
ピアノという楽器

ピアノの音が鳴る仕組みを理解すればもっと上手くなる

ピアノは鍵盤を押さえれば簡単に音が鳴ります。 こんなに簡単に音が鳴る楽器は打楽器くらいでしょうか。 音が鳴るのが大変な楽器の筆頭はヴァイオリンでしょう。楽器をはじめて持った人の音は「ノコギリ」なんて言われたりしますよね。 それに比べ...
タイトルとURLをコピーしました