指のストレッチ|ピアノ・ベーシック・トレーニング

ピアノ・ベーシック・トレーニングの
5つのボディワーク
ピアノを弾くための
心身のコンディションを整えたら、

指のストレッチをしましょう。

ピアノ弾きは芸術家であると同時に鍵盤上のアスリートです。

スポーツ選手が練習メニューを
ストレッチで始めるように

バレエダンサーが
バーレッスンの前に
ストレッチをするように

ピアノ弾きも指のストレッチをしましょう。

この記事を書いた人
伊奈葉子 / Yoko Ina
音楽と自然と読書とお茶時間をこよなく愛するピアノ弾き ⇒プロフィール

指のストレッチの効用

スポーツ選手やダンサーが練習前にストレッチをするのと同じように、ピアノ弾きが練習前に指のストレッチをすることでこんな効果があります。

  • 血行をよくして手を温める
    ~温かい手はしなやか
  • 柔軟性を高め、関節可動域を広げる
    ~しなやかな手は楽に広がり動きもスムーズ
  • コンディションの向上
    ~温かくしなやかな手は演奏する準備のできている手
  • 練習効果を高める
    ~コンディションが良ければ練習効果もアップ
  • パフォーマンス向上
    ~コンディションがよければ表現も伸び伸び
  • 故障の予防・疲れの軽減
    ~いつもベストコンディションで練習・演奏

指のストレッチはピアノ弾きの必須メニューです。

短時間で毎日続けられるストレッチを是非マスターしてください!

ストレッチは気持ちよく行いましょう

ストレッチというと、しかめっ面で痛いのを我慢してうんうん唸りながら力づくで引っ張るイメージをお持ちの方がいますが・・・

それは拷問であって、
ストレッチではありません。

たったひとつしかない、かけがえのない自分の身体を痛めつけるのはやめましょうね。

弾きたい曲へのあふれる想いを実現してくれるのは、あなた自身の指であり身体です。

愛情を持って優しく扱いましょう。

ストレッチは、筋肉を伸ばすことです。

穏やかな呼吸で心を鎮めて
身体(ストレッチ部位)を感じることで
筋肉の流れに沿って伸びていきます。

背伸びをすると気持ちがよいように、
指のストレッチもとても気持ちよいものです。

反動をつけたり、
無理に引っ張ったりすると、
痛みを感じるのは、

脳の中枢神経から筋へ

危険!

と警告が送られるからです。

痛みを我慢して引っ張る行為は、
脳は「これ以上伸ばすな!」
と命令しているのに、
無理やり引っ張るという矛盾する行為。
効果がないばかりか、
筋線維を傷つけることになりかねません。

くれぐれも、力任せに引っ張らないように!!

自己流は危険ですから、ぜひレッスンにお越しください。

指のストレッチは全身のストレッチでもある

ピアノは指で鍵盤を操作して弾きますが、指を動かすというのは、伸筋と屈筋の協調関係です。

伸筋:指を伸ばす
屈筋:指を曲げる

さらに、筋肉や神経・腱は全身つながっています。

ピアノの練習だけでなく、PCなどで指を酷使すると肩や首が凝ったりするのは指が全身の一部である証拠です。

指のストレッチは全身との関係を感じながら行いましょう。つまり

指をストレッチすれば
全身ストレッチされるということ。

ピアノ演奏は指先だけで行うものではありません。指のストレッチは全身の一部としての指を感じながら行いましょう。

指のストレッチは3種類です。

  1. 伸筋と屈筋のストレッチ
  2. 指の自発的ストレッチ
  3. 負荷をかけてストレッチ

順に解説します。

伸筋と屈筋のストレッチ

伸筋のストレッチは、手の甲側から腕⇒背中⇒下半身のつながりを意識して伸ばします。

ピアノを弾く姿勢で座り、
穏やかに呼吸しながら
全身を感じ
脚⇒腰⇒背中⇒腕⇒手の甲のつながりを感じて
気持ちよ~く伸ばします。

屈筋のストレッチは、
脚⇒腰⇒背中⇒腕⇒手のひら側の
つながりを感じて伸ばします。

伸筋⇒屈筋を交互に8拍ずつ
穏やかに呼吸してリラックスして、
全身の筋肉が気持ちよ~く、
のびやかになるイメージで
身体を解放してあげましょう。

指の自発的ストレッチ

伸筋と屈筋のストレッチの次は、
指を1本ずつストレッチします。

指が根っこのように下へ伸びて長くなるイメージを持つことで、手の柔軟性をもたらします。

小指⇒薬指⇒中指⇒人差し指⇒親指の順で行います。

常に全身を感じ、その末端である指先が根っこのように伸びていくイメージで気持ちよく指を解放します。

無理やり力を入れて引っ張ってはいけません。

筋肉は全身つながっていますので、指を伸ばせばもれなく全身が伸びます。そののびやかさを感じて行います。

間違ったやり方は、
百害あって一利なし!
大切な指を故障させかねません。

くれぐれも自己流でやらないで、レッスンにお越しくださいね。

負荷をかけてストレッチ

指を1本ずつを気持ちよ~くストレッチしたら、

次は負荷をかけてストレッチです。

小指⇒薬指⇒中指⇒人差し指⇒親指の順で行います。

小指で腕全体をぶら下げます。

指先の意識がないと腕は滑り落ちてしまいます。

滑り落ちないように、指先で支え、腕の重みで背中から指までを気持ちよ~く伸びます。

腕全体はつり橋のようにぶらぶらになっています。

右手側から見たところ。

十分に重さを感じて伸びたら、
指で腕を持ちあげ、
薬指へ移動。

両手で行います。

以上、指のストレッチ3種を紹介しました。

指は全身の一部です。筋肉は全身つながっていますので手や指だけを引っ張るのではなく、常に全身を感じ、指をストレッチすることで全身のストレッチになることを感じてください。

まとめ

以上指のストレッチをご紹介しました。

指のストレッチにはこんな効果があります。

  • 血行をよくして手を温める
    ~温かい手はしなやか
  • 柔軟性を高め、関節可動域を広げる
    ~しなやかな手は楽に広がり動きもスムーズ
  • コンディションの向上
    ~温かくしなやかな手は演奏する準備のできている手
  • 練習効果を高める
    ~コンディションが良ければ練習効果もアップ
  • パフォーマンス向上
    ~コンディションがよければ表現も伸び伸び
  • 故障の予防・疲れの軽減
    ~いつもベストコンディションで練習・演奏

大切なことは、

指は全身の一部なので
指のストレッチは
全身のストレッチでもあるということ。

指のストレッチを行うことで指が全身の中でどういう存在であるかという意識を高めることができ、ひいてはパフォーマンスを高めます。

 

ピアノ・ベーシック・トレーニングボディワーク》と《指のストレッチ》は全メニューを10~15分で行うことができます。

ぜひ習慣にしてください!

続けるうちに、ウォーミングアップしないでいきなり曲を弾き始めるなんて、無謀だということがわかってきます。

次はタッチの基礎練習です。

タッチの基礎練習|ピアノ・ベーシック・トレーニング
ピアノ・ベーシック・トレーニング・5つのボディワークと指のストレッチでウォーミングアップをしたら、スケール・アルペッジョの前に・・・タッチの基礎練習をしましょう!ピアノはとても簡単に音が鳴ります。力が入っていようが、ふにゃふにゃの指だろうが

 

ピアノ弾きの演奏向上と故障予防にウォーミングアップのすすめ

ピアノ弾きの演奏向上と故障予防にウォーミングアップのすすめ
ピアノ弾きのみなさん、毎日のピアノの練習を何から始めていますか?いきなりインテンポでショパンやリスト、ラフマニノフやスクリャービンやプロコフィエフのエチュードを弾き始めるという無茶をしていませんか?指ならしと称してハノンやスケールを速...

⇒ ピアノ・ベーシック・トレーニング&レッスンはこちら

ピアノ・ベーシック・トレーニング&レッスン
ピアノの練習というと指を鍛える!という話題になりがちですが・・・指は全身の一部なので、身体全体の意識なしで演奏することはできません。そして、身体と心と頭は切り離せない〈自分自身〉なので、感じること&考えることなしで弾くことはできま...

 

Attention!
この記事は、レッスンで行うメニューをご紹介するもので、独習を可能にするものではありません。
心身メソッドや運動の心得のない方が(自己流で)形だけを真似て行うことは、効果がないばかりでなく、故障のリスクがあります。
ご興味をお持ちの方はレッスンを受講くださいますようご案内申し上げます。
効果を実感していただくことができますようにわかりやすく丁寧に指導いたします。
⇒ ピアノ・ベーシック・トレーニング&レッスンのご案内はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました