マインド

【続・演奏のメンタリティ】ミスはそんなに残念でアカンことでしょうか

人前で演奏するのが恥ずかしい には、 間違えたらどうしよう・・・ ミスしたら恥ずかしい・・・ というの、あると思います。。。 先日のショパンコンクールでも、ミスをあげつらうSNSの投稿をしばしば見かけて、 う~ん・・・ 絡ん...
マインド

【演奏のメンタリティ】下手を笑うってどうよ

かつて、SNSにアップした演奏に、 よくこれで恥ずかしくなくアップできるよな・・・ みたいなコメント付きで引用リツイートされたので、徒然草百五十段を付けて引用リツイートしたら、即効で削除したよ~という話の続きです。 有名な徒然草百...
マインド

もしもSNSにアップした演奏にネガティブコメントがついたら

練習して弾けるようになったら、 聴いて欲しいと思うのは自然なこと・・・ スマホで撮って即!SNSにアップできるのですから、どんどんアップしたらいいと思います。 しかしですね、時々、 よくこんな(下手な)演奏をアップできるよな・・・...
マインド

なぜバッハを弾けと言われるのか|バッハを弾きたくないあなたへ

ピアノを学ぶにあたり、 バッハは大事! バッハを弾け! と言われます。 子供時代にピアノを習う人は、ブルグミュラーが終わったあたりでバッハのインベンションを弾き始めますが、ここで挫折する人が実に多いです。 大人になってからピアノ...
コンクール

個を突き抜けて普遍性へ|ショパンコンクール2021総括

ショパンコンクールは全てのステージを終了し、目覚めたら結果が発表になっているだろうと思ったら、朝食を終えて片付けを終えてもまだ発表になりませんでした。 待ちに待って出た結果は 2位が2人、4位が2人で本来なら6位入賞まで6人のところ...
コンクール

愛嬌たっぷりのあひるの子は白鳥の王子様だった|ショパンコンクール2021ファイナル

まさかあり得ないだろうということが起こるのがコンクールと覚悟はしていたものの、ファイナリストの中にPiotr Alexewiczがいないという最もあり得ないことが起こり、私のショパンコンクールはセミファイナルで終わった感で迎えたショパン...
コンクール

マズルカはポーランド人にしか弾けない?|ショパンコンクール2021セミファイナル

個人的にコンクールはセミファイナルが最も好きです。 ここを通過すればファイナルのコンチェルトなので、最後のソロということで本領発揮の演奏が沢山聴けるからです。 ショパンコンクール2021のセミファイナルは、”マズルカ”と”ソナタ2番か3番...
コンクール

ショパンコンクール優勝者の十字架を背負う覚悟はあるのか|ショパンコンクール二次予選

どの国際コンクールの配信を聴いていても思うのですが、1次予選の緊張って独特ですね。 せめて1次は通りたい! が参加者の本音だと思います。 そんな1次を通過しての2次は色んな意味でその人らしさが表れますね。シ...
演奏会・公演

終わりは始まり|レーゼル&沖澤のどか 第241回日曜マチネーシリーズ 読売日本交響楽団

ペーター・レーゼルのフェアウェル公演のニュースが流れたのはコロナのコの字もなかった2019年でした。2020年秋の来日が最後になるとのインフォメーションに絶句・・・ アルトゥール・ルービンシュタインが我がグランパなら、レーゼルは叔父の...
コンクール

ミスを気にしないで聴きたい|2021ショパンコンクール1次予選後半備忘録

ショパンコンクールは1次予選の全日程を終了して通過者が発表になりましたが、マイペースで1次予選後半の雑感です。 1次予選前半はこちら↓【雑感】2021ショパンコンクール1次予選前半を聴いて 人間はミスを犯す コンクールの緊張って演奏会とは...
タイトルとURLをコピーしました